『やりたいことは全部やる』がモットー

新人看護師の「辛い・辞めたい」は甘えじゃない!辛いときはさっさと転職したほうがいい理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ちむ*沖縄移住ナース
1995年 北海道生まれ。 北海道の某国立大学を卒業後、 急性期総合病院の一般内科に1年間勤め、 ひょんなことから勢いで沖縄県に移住。 高校時代に陰キャで友達がいなかったり、 頭が悪すぎて1年浪人したり、 Youtubeとかブログ始めちゃったり、 海辺を散歩していたら仔猫4匹拾ったり、 何かとネタの多い人生を送っている。 人生のモットーは 『やらずに後悔するくらいならやって後悔したほうがいい』 『迷ったらワクワクする方を選ぶ』 趣味はコスメ集め、ファッション。Youtubeやってます。『ちむちゃんねる』で検索!チャンネル登録よろしくお願い致します♡
詳しいプロフィールはこちら

皆様こんにちは!

沖縄移住ナースちむです。

YouTube『ちむちゃんねる』はこちら

Twitter『沖縄移住ナース*ちむ』はこちら

 

突然ですが、「辛い…」「辞めたい…」「転職したい…」と思っている新人ナースさんは多いのではないでしょうか?

私も1年目の頃は毎日毎日「辞めたい」しか思わなくて、次の日が不安で憂鬱で眠れなかったり、夜勤に行きたくなさ過ぎてヒルナンデスを見ながらひどく落ち込んだりしていました。

そして、実際に1年で辞め、沖縄に移住しました。(笑)

 

新社会人になったら「まずは3年」と言われていますよね。

ですが・・・

一番若くて体力がある今この瞬間を、「辛い、辞めたい」と思いながら3年過ぎるのを待つか、仕事もプライベートも楽しみながら充実した3年間を送るのでは、どちらがいいですか?

 

私は転職して環境を変えたらびっくりするくらい働きやすくなって、あんなに辛かった看護師の仕事も、今では楽しく生き生きと働くことができています。

その経験もあり、「辛いならさっさと転職しちゃうのも手だな!」と実感しました。

今回はそのことについてお話していきますね!

 

1年目看護師の「辞めたい」は誰もが通る道

1年目の時の私はこんな感じでした。

  • 朝が来てほしくない(仕事に行かなくてはならないから)
  • 朝が来てほしくないから夜も眠れない
  • 明日の受け持ちは誰かな…と不安になる
  • 「看護師1年目 転職」「看護師1年目 辞めたい」で検索しまくる
  • お給料は買い物に使いストレス発散

当時実家に住んでいたので、両親にボソッと「仕事がしんどい…転職したいなぁ」とつぶやいたところ、

「何言ってるの。どこ行っても同じだ。」

「1ヵ所で長く続かなかったらどこ行っても続かない。」

と言われ、「1年経たないうちに辞めたいと思っている私って、異常なのかな…」と絶望したのを覚えています。

 

別の病院に就職した大学時代の友人と定期的に会っていましたが、みんな口をそろえて「辛いよね~辞めたいよね~」という話をしていました(笑)

(1年目を乗り越えられたのも、辛い気持ちを共有できた友人や職場の同期がいたおかげです涙)

 

なので、「辛い、辞めたい」と思う気持ちは決して特別なことではありません。

 

「ここで続かなければ他でも続かない」は嘘

 

「ここで続かなかったら他に行っても使い物にならないよ?」

「転職したって変わんないよ。」

という方もいますが、私はこう聞きたいです。

 

「その根拠は?」と…………

 

(笑)

そうおっしゃる方ほど、転職経験がなかったり………

 

そもそも、転職ってそんなに悪いことでしょうか?

もちろん1つの職場に長く勤めあげることも素晴らしいことですが、辛いところで我慢して続けるくらいなら転職して「ここなら続けられそう!」と思う職場に出会えた方がよっぽど豊かな人生を送れると思いませんか?

 

実際に私は2回転職をして、「ここなら頑張れそう!」と思える職場に出会うことができました。

 

辛ければさっさと転職したほうがいい理由

病棟だけじゃない!看護師の働き方は多種多様。

看護師の活躍の場は拡大しており、

  • クリニック
  • 施設
  • 訪問看護
  • コミュニティナース
  • 介護予防教室
  • 保育園
  • 企業
  • ツアーナース
  • 献血センター
  • 健診センター
  • テーマパークの救護室

etc…

病院以外にも活躍できる場所はたくさんあります。

最初に就職した病院が合わなかったからといって「他でもやっていけない」と決めつけてしまうのは、今後の可能性を狭めてしまうと思うんです。

全国に働き口はいくらでもあるし、何より患者様に「個別性」があるように、私たち看護師にも「個別性」がありますから…

 

今の環境が辛いなら、「どこが辛いのか?」「どういう職場が理想か?」をじっくり考えてみるのがいいと思います。

ちなみに私は

  • せかせかしているのが苦手
  • 夜勤をしたくない。夜は寝たい
  • 残業のないところがいい
  • シフト制じゃなく、固定勤務がいい
  • 正社員じゃなくてもいい(いろんなところで働いてみたいから)

という希望を書き出し、正社員・病棟勤務を辞め、現在は施設と介護予防教室の看護師として派遣のWワークをしています。

 

「新卒で少なくても3年は病棟で経験を積まなければ看護師としてやっていけない…」と思っていたのですが、

分からないところは先輩ナースや他のスタッフに相談しながら、看護師として働くことができています。

施設や介護予防教室は医師が常駐していない分、看護師の知識や観察力、他スタッフとの情報交換が特に重要になるので、毎日たくさんのことを学んでいます。

 

確かに医療技術はほぼないのでその点は病棟には劣りますが、現在私がやりたいことは「急性期の看護」というよりは「地域に根差した看護」なので、技術が必要なときにはその都度身に着けていけばいい、というスタンスでいます。

ちむ
ちむ
技術が身に着くことで将来の可能性が広がるのは事実です。
しかし、全国のいろんな看護師さんと出会い話を聴く中で、”技術の習得=1人前の看護師 ではない”ということを学びました。
この考え方を知ってからだいぶ気持ちが楽になり、病棟を退職してやりたい分野に挑戦してみようと思うことができました。

 

無理して心と身体を壊してからでは遅い!大事なのは自分の健康

「辛い、辞めたい、しんどい…」そんな気持ちを無視して、頑張りすぎた人はどうなってしまうのでしょうか。

人手不足による激務や人間関係、夜勤による生活リズムの崩れ等で適応障害やうつ病になり、辛い思いをした人をたくさん見てきました。

(私も過去に適応障害になり、3ヵ月休職した経験があります。)

 

人にとって、一番大事なのはなんでしょうか?それはお金でも、経験でもなく、「自分の健康」です!!!!

実際に体調を崩して、身をもって実感しました。

 

仕事が辛くてどうしようもなかったとき、「体調を崩すくらいなら、休んでもいいし辞めてもいい。」この言葉を聞いたとき、ものすごく気持ちが楽になったのを覚えています。

 

実際に私の友人に、新卒で病院を辞めて今は看護師をしていない人もいますし、看護師のバイトをしながら自分の得意なことを仕事にしている人もいます。

皆それぞれに辛いことも経験しましたが、今では生き生きと働いています(*´ω`)

ちむ
ちむ
何事も「健康であること」が大事な基盤なんですよね。その基盤を崩されるような職場は、早めに身を引いた方がいいです。

 

「仕事のための生活」じゃなくて「生活のための仕事」

「辛いことも我慢して仕事しなきゃいけないんだよ。生きていくためだから仕方ない。」

これは私の親が言っていたことです。

もちろん、仕事をしなければ生きていけません。ですが、私たちは何のために生きているのでしょうか…

休日は「仕事のために休む」「仕事で疲れて何もやる気がおきない」といった状態になっていませんか?

 

そしてもう1つ質問なのですが、皆さんはどんな時に幸せを感じますか?どんなにささいなことでも構いません。

私はこんな感じです。

  • 家で猫とのんびりしているとき
  • 料理をつくって食べるとき
  • 買い物に出かけるとき
  • ごろごろしながらYouTubeを観ているとき

 

これらのことをしているときは時間を忘れるくらい幸せな時間を過ごすことができます。

ですが、仕事が辛くてどうしようもない時、上に書いたことは全部楽しめなくなりました。

 

  • 仕事から帰ったら適当にご飯を食べ、すぐ寝落ち。
  • 休日も朝起きた瞬間から「今日が終われば明日は仕事…」と考えて憂鬱になる
  • 気晴らしに好きなYouTubeを見るも、ふと時計を見て「もうこんな時間…明日は仕事じゃん…」と絶望する
  • 大好きな買い物も面倒になる(仕事で疲れて出かける気にならない)

 

こんな日が続いたとき、ふと「私って何のために生きてるんだろう?」と、ものすごくむなしい気持ちになりました。今が一番若くて体力があるのに、なんだか無駄にしているような気分で…

生きていくために働いているはずなのに、気づけば四六時中仕事のことが頭から離れず憂鬱な気分になっていました。

 

この状況に気づいたとき、「これはおかしい。」と思い、転職を決意しました。

 

『一番大事なのは仕事じゃなくて私生活』。私の好きなコラムニストさんの言葉です。

仕事ももちろん大事ですが、あくまでも一番優先すべきは自分たちの生活なんですよね。一見当たり前のようで、意外とみんな忘れがちだなぁと思います。

 

転職したら驚くほど毎日が楽しくなった

 

転職してから嬉しい変化がたくさんありました。

  • 夜勤を辞めて生活リズムが整った
  • 休日に仕事のことを考えることがなくなった
  • 夜寝るとき・朝起きた時の憂鬱な気持ちがなくなった
  • 趣味を思いきり楽しめるようになった
  • 何気ない日常に幸せを感じられるようになった
  • 勉強意欲が増し、仕事中に分からなかったことなどはすぐ調べるようになった

などなど。自分でも本当にびっくりしています。

 

今では転職して本当によかったと思えますし、これからも少しずつ、自分のペースで学びながら看護師としてもっと成長していきたいと思っています。

 

1度きりの人生。「自分はどうしたいか」を1番に考えて

 

日本人は特に、「ここで辞めたら上司に迷惑をかけてしまう…」「3年は頑張らないと…」と、周りのことばかり気にしているように感じます。私も周りの目を気にしすぎてなかなか行動できずにいました。

ですが、人生は1度きりです。どういう生活を送りたいか?何が好きか?どんな仕事をしたいか?逆にどんなことはやりたくないか?などなど…

自分の本音・やりたいことにもっとワガママになっていいんじゃないかと思います。

少しだけ勇気を振り絞って働く環境を変えたら、驚くほど毎日が楽しくなりました。

自分の人生をよりよくできるのは、自分だけです。

自分の気持ちに素直になって、楽しく充実した生活を送りたいですね(#^.^#)

 

 

私の経験が少しでも誰かのお役に立てたら幸いです(*´ω`)

YouTube,Twitterもやってますのでぜひフォローよろしくお願いします♡

YouTube『ちむちゃんねる』はこちら

Twitter『沖縄移住ナース*ちむ』はこちら

 

以上!ちむでしたー♡

この記事を書いている人 - WRITER -
ちむ*沖縄移住ナース
1995年 北海道生まれ。 北海道の某国立大学を卒業後、 急性期総合病院の一般内科に1年間勤め、 ひょんなことから勢いで沖縄県に移住。 高校時代に陰キャで友達がいなかったり、 頭が悪すぎて1年浪人したり、 Youtubeとかブログ始めちゃったり、 海辺を散歩していたら仔猫4匹拾ったり、 何かとネタの多い人生を送っている。 人生のモットーは 『やらずに後悔するくらいならやって後悔したほうがいい』 『迷ったらワクワクする方を選ぶ』 趣味はコスメ集め、ファッション。Youtubeやってます。『ちむちゃんねる』で検索!チャンネル登録よろしくお願い致します♡
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.