『やりたいことは全部やる』がモットー

週休4日!派遣ナースの1週間を公開

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ちむ*沖縄移住ナース
1995年 北海道生まれ。 北海道の某国立大学を卒業後、 急性期総合病院の一般内科に1年間勤め、 ひょんなことから勢いで沖縄県に移住。 高校時代に陰キャで友達がいなかったり、 頭が悪すぎて1年浪人したり、 Youtubeとかブログ始めちゃったり、 海辺を散歩していたら仔猫4匹拾ったり、 何かとネタの多い人生を送っている。 人生のモットーは 『やらずに後悔するくらいならやって後悔したほうがいい』 『迷ったらワクワクする方を選ぶ』 趣味はコスメ集め、ファッション。Youtubeやってます。『ちむちゃんねる』で検索!チャンネル登録よろしくお願い致します♡
詳しいプロフィールはこちら

皆さまこんにちは!

沖縄移住ナースちむです。

 

前回のブログでも触れたのですが、私は看護師2年目で病院を辞め、

現在は派遣ナースをしています。

 

今回は、

  • 沖縄県に住む派遣ナースの1日
  • 派遣ナースになってガラッと変わったこと
  • 逆に派遣ナースのデメリットは?

といったことについてお話していきます!

 

派遣ナースの1週間

まず初めに…どんな仕事をしているの?

 

現在の私のお仕事は主にこんな感じです。

 

  1. 施設の看護師
  2. 介護予防教室の看護師
  3. YouTube運営(ちむちゃんねる』はこちら♡)
  4. ブログ執筆(最近また投稿を頑張り始めた)

 

施設では入居者さんの健康管理や医療処置等を行い、

介護予防教室では地域の高齢者と公民館等で一緒に体操をしたり、健康管理を行ったりしています。

YouTubeチャンネルは2019年5月よりスタートし、日々楽しく投稿しています(⌒∇⌒)

 

 

施設勤務で最低限の生活費を稼ぎつつ、

その他で自分の興味のある分野に挑戦しているといった感じです。

 

1週間のスケジュールはこんな感じ!

 

私の1週間はざっとこんな感じです。

  • 週3回:施設(8:30~17:30)
  • 週2回:介護予防教室(10:00~12:00)➾午後は完全フリー
  • 週2回:丸1日フリー

 

なので、実質週休3日です(^^)/

曜日固定の勤務なので、お休みの日も固定です。

 

介護予防教室は、教室ごとに違う地域にお邪魔するので

沖縄の様々な地域の人と交流することができ、すごく面白いです。

 

休みの日は家でのんびり過ごすか(どちらかというとインドア派です)、

ちょっと近くまでお買い物に行くか、

YoTubeのことを考えたり、撮影・編集したりしています。

 

正社員を辞め派遣ナースになってガラッと変わったこと

夜勤をしないため生活リズムが整う

 

これはかなり大きいです!!!

 

夜勤をしないだけで、

「これが本来人間が送るべき生活だ…!!!!」

ということに気づきました(笑)

 

夜勤をしていたころは、

情報収集のため16時には病棟へ行き、17時より業務開始、

バタバタと走り回り次の日朝9時に日勤へ交代するも、

残った記録等のため残業し、

看護過程など課題の添削を主任にしてもらう日もあり…

 

日勤さんがお昼休憩に入る頃に帰る、なんてこともありました(;^ω^)

 

 

それでも明けの解放感はなんと素晴らしいもので、

帰りに大量に買い物をして帰ったり、

これから出勤するであろう人たちを横目に自宅に帰るのは

なんとも背徳感がありました(笑)

 

 

でも!でも!!!

ちむ
ちむ
夜はやっぱり寝たいよ~!(笑)

 

残業がないため、心と身体に余裕ができた

 

施設も、介護予防教室も残業はありません。

時間が来たらスパッと切り上げ、

「お疲れ様でーす!」と皆で同時に帰ります。

 

病棟勤務時代は、効率よく動くことが苦手な私は時間内に仕事が終わらず、

毎日1時間かそれ以上の残業をしていました。

 

もちろん自分が不慣れなために残業せざるを得ないことも原因なのですが、

人手不足で看護師1人当たりの負担が重いといったこともあり、

基本的に残業はしていました(;^ω^)

 

※もちろん仕事の早い先輩ナースはもっと早く帰っている人もたくさんいました!

 

派遣になってからは残業がないので、

アフター5は家に帰ってゆっくり過ごし、夕ご飯を作り、

テレビを見たり調べ物をしたりYouTubeやブログの作業をしたり…

 

ちむ
ちむ
「疲れたー!」と帰ってから泥のように寝ることもないし、気持ち的にもかなり楽になりました。

 

もともと体力がない私にとって、

家に帰ってからの時間を楽しむことができるようになって

すごく嬉しいです(*´ω`)

 

余裕ができたことで、休日を思いきり楽しめるようになったし、

心が豊かになりました(笑)

 

勤務日と休みが固定であるためオン・オフの切り替えがしやすい

 

基本的に病棟勤務だとシフト制だと思うのですが、

派遣になってから曜日固定になりました。

 

個人的に「この日は休み!」と決まっていた方が

気持ちのオン・オフが切り換えやすいです。

 

また、予定を立てやすいのも個人的に嬉しいですね。

「シフトまだか…予定が立てられん…!」

と、悶々と(?)することがなくなりました。

 

派遣ナースのデメリット

ボーナスがない

 

派遣だとボーナスがありません。

 

でも、私はそこまで気にしていません。(笑)

一度体調を崩したことがあったのですが、その時に感じたのは

 

「お金よりも、健康が一番大事だな…」

 

ということです。

それに、今のご時世は雇われなくても稼ぐ方法がたくさんあります。

 

派遣ナースになって余裕ができた分、

いろいろなことに挑戦して看護師以外でも稼げる仕組みを作るのが私の今の目標です(^^)/

 

1度きりの人生、看護師だけじゃなくいろんなことしたいですからね!

 

有給が使えない

 

有給が使えないので、もし体調不良で欠勤…なんてときは

お給料がその分減額されちゃいます。

 

なので、収入がやや不安定なところもあるのかなぁと思います。

ただ看護師は派遣でも時給がかなりいいので、

ある程度の勤務日数があればそこまで苦労しないと思います。

 

それだけ国家資格があることはありがたいなぁとしみじみ感じます涙

 

※場所によっては派遣やパートでも有給が使えるところもあるみたいです(^▽^)/

 

キャリアアップは難しい

 

いろんな看護技術を経験して、知識を身に着けて、

もっと高みを目指したい!という方には向いていないと思います。

 

私が働いている施設では、利用者さんの皮膚の状態に合わせて軟膏を塗ったり、

吸引、インスリンなどがメインで、医療行為は本当に少ないです。

 

※その分日頃の観察や知識、判断力が大切だなぁと感じているところです…!

 

結論:派遣ナースは楽しい!

 

派遣ナースになってから、

「こんな世界もあったのか!」

と、新しい発見がたくさんあり、毎日とても充実しています。

 

もちろん、病棟勤務にもやりがいはメリットはたくさんあります。

 

ですが、

「縛られたくない」「自由に働きたい」「プライベートを充実させたい」

という思いがある私にとって、

 

残業がなく、

働く日を自分で決めることができ、

心に余裕を持って働ける「派遣」というスタイルが合っていたんだと思います。

 

人それぞれ好みやペースは違うので、

  • 「急性期で3年!」
  • 「臨床経験必須!」
  • 「医療技術が身についてない看護師は落ちこぼれ!」

みたいな固定概念をとっぱらって、

 

その人に合った働き方を見つけ、挑戦しやすい社会になれば…と思っています。

 

私の経験が誰かのお役に立てれば嬉しいです!

 

それでは!

以上、ちむでしたー(*’▽’)

この記事を書いている人 - WRITER -
ちむ*沖縄移住ナース
1995年 北海道生まれ。 北海道の某国立大学を卒業後、 急性期総合病院の一般内科に1年間勤め、 ひょんなことから勢いで沖縄県に移住。 高校時代に陰キャで友達がいなかったり、 頭が悪すぎて1年浪人したり、 Youtubeとかブログ始めちゃったり、 海辺を散歩していたら仔猫4匹拾ったり、 何かとネタの多い人生を送っている。 人生のモットーは 『やらずに後悔するくらいならやって後悔したほうがいい』 『迷ったらワクワクする方を選ぶ』 趣味はコスメ集め、ファッション。Youtubeやってます。『ちむちゃんねる』で検索!チャンネル登録よろしくお願い致します♡
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.